所得税法 改正 平成23年 – 平成23年度税制改正速報(退職所得課税制度の見直し)

    [PDF]

    平成22年所法等改正法附則 所得税法等の一部を改正する法律(平成22年法律第6号)附則 平成20年所法等改正法附則 所得税法等の一部を改正する法律(平成20年法律第23号)附則 この説明書は、平成23年6月30日現在の法令に基づいて作成しています。

    更正の請求期間の延長

    所得税法 一部改正通達 「所得税基本通達の制定について」の一部改正について(法令解釈通達)(平成27年4月23日) 「所得税基本通達の制定について」の一部改正について(法令解釈通達)(平成26年

    [PDF]

    律「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法 律」(平成23年法律第114号)等による改正(以下「平成23年12月改正」といいます。)の うち、所得税関係の改正を中心に説明しています。

    平成二十三年東北地方太平洋沖地震に伴う地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日等の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律(平成23年法律第55号) (成立日): 平成23年5月20日 (施行日): 平成23年5月27日 概要 【90 kb】 要綱 【62 kb】

    平成21年1月1日から平成23年12月31日までの間の上場株式等の配当所得及び譲渡所得等に対する税率を7%軽減税率とすることとする。 (所得税法等の一部を改正する法律附則第32条、第43条関係)

    [PDF]

    Ⅲ 平成23年12月の改正事項のうち、平成26年分の所得税から適用される主なもの・・・・・・14ページ Ⅳ 平成25年度の改正事項のうち、平成26年分の所得税から適用される主なもの・・・・・・・・14 ページ

    所得税法等の一部を改正する法律案要綱 (注)上記の改正は、平成27年分以後の所得税について適用する。 土地等又はこれらとともに譲渡をするその土地の区域内にある建物若しくは構築物で、平成23年3月11日前に取得がされたもののうち事業の用に

    [PDF]

    Ⅲ 平成28年度の改正事項のうち、平成30年分の所得税から適用される主なもの・・・・・・・・・16ページ この改正のあらましにおいて使用する次の省略用語は、それぞれ次に掲げる法令を示します。

    【所得税法等の一部を改正する法律(平成31年法律第6号)の施行に伴う関係政令の改正(平成31年3月29日公布)】

    平成30年(2018年)の税制改正として給与所得控除、公的年金等控除、基礎控除、所得金額調整控除等の創設、扶養親族等の範囲、配偶者特別控除の対象となる配偶者の範囲、特定支出控除の対象となる特定支出の範囲及び青白申告特別控除の控除額と適用要件の改正が2020年から予定され、その

    平成28年3月29日の参議院本会議で可決・成立した平成28年度税制改正関連法である「所得税法等の一部を改正する法律」が、3月31日(木)夜に官報特別号外第13号にて公布された(法律第15号)。施行日は原則平成28年4月1日(法附則第1条)。また地方税関係の改正法「地方税法等の一部を改正

    でに)成立せず、一部のみ平成23年6月に成立 しています。6月に成立しなかった旧法案のう ち、主要項目を含む「経済社会の構造の変化に 対応した税制の構築を図るための所得税法等の 一部を改正する法律」が平成23年12月2日に

    所得税法等の一部を改正する法律案要綱 (注)上記の改正は、平成28年分の所得税について適用する。 社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律(平成23年法律第114号)の一部改正(第15条関係)

    第二編 居住者の納税義務 第二章 課税標準及びその計算並びに所得控除 第二節 各種所得の金額の計算 第一款 所得の種類及び各種所得の金額( 第二十三条―第三十五条 ) 平成29年3月1日現在( 未施行改正なし ) (利子所得) 第二十三条 利子所得とは、公社債及び預貯金

    著者: Taxtool

    所得税法等(扶養控除関係)の改正 23 1,186kb 350: 相続税法等の改正 平成22年度税制改正の解説については、文中、意見等にわたる部分は筆者の個人的見解であることを予めお断りしておきたい。

    [PDF]

    平成23年度税制改正大綱 平成22年12月16日 . 目 次 はじめに 1 第1章 基本的な考え方 2 1.税制改革の視点 2 2.平成23年度税制改正の基本的な考え方 2 平成23年度税制改正では、所得税における諸控除の見直しや相続税における

    [PDF]

    所得税法等の一部を改正する法律(平成21年法律第13号)(抄) 附則 (税制の抜本的な改革に係る措置) 第104条 政府は、基礎年金の国庫負担割合の2分の1への引上げのための財源措置並びに年金、医療

    > 平成30年度税制改正による所得税への影響【2020 年 給与等収入850万円超の方で、1)納税義務者が特別障害者に該当する 2)23歳未満の扶養親族がいる 3)扶養親族等に特別障害者控除対象者がいる これらのうちいずれかに該当するときは次の算式による

    平成23年度の税制改正は、当初の改正法案(平成23年1月25日国会提出「所得税法等の一部を改正する法律案」)が国会で未成立のまま年度末を迎えることとなったので、平成23年3月31日に「つなぎ法 ※ 」を可決・成立させ(同日公布・4月1日施行)、3月31日で期限切れとなる租税特別措置法を6月

    【1】法人税率等の引下げ 「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律(税制構築法)」が、平成23年11月30日に可決・成立し、12月2日に公布されました。

    財務省の決裁文書の書換えをめぐり平成30年度税制改正関連法案の国会での審議の遅れが懸念されていたが、3月28日の参議院本会議で可決・成立され、3月31日(土)の官報特別号外第7号にて「所得税法等の一部を改正する法律」が公布された(法律第7号)。施行日は原則平成30年4月1日(法附則

    Jan 24, 2011 · 平成23年度税制改正速報(給与所得控除の見直し) 2011年1月24日 今回の税制改正は税制における所得再配分機能の回復が大きなテーマとしてあり、相続税の見直しと合わせて所得税における給与所得控除の見直しが予定されています。

    給与所得控除の改定

    平成30年度の税制改正によって、令和2年分給与等から所得税を計算する際の控除額が変わります。給与所得控除は一律10万円引き下げられますが、基礎控除は現在の一律38万円から合計所得金額に応じた控除額に改正されます。自分にとって今回の改正は損なのか得なのか、そもそもの所得税を

    「平成30年度税制改正大網」の影響を受け、2020年1月から源泉所得税の改正が行われます。これにより、2020年度の年末調整において、一部手続きに影響がでることが明らかになりました。 (ロ)23歳未満の扶養親族がいる場合

    子ども手当制度・高校の無償化制度の導入に伴い、平成23年以降この扶養控除の対象となる扶養親族の範囲が改正されました。 所得税法上の扶養親族. 所得税法上の扶養親族とはその年12月31日において、以下の要件のすべてに該当する人を言います。

    Mar 14, 2011 · 平成23年度税制改正で、役員退職金の課税方法について見直しが行われる予定です。正式には、国会で可決された後に実施されます。 改正内容 【改正ポイント】 勤続年数5年以下の

    平成21年1月1日から平成23年12月31 平成21年度税制改正において、平成21年から平成25年までに入居し、所得税から控除しきれなかった住宅ローン控除額がある場合、平成22年度から、個人住民税の所得割から控除する制度が創設されました。

    特定非営利活動促進法の改正ポイント (平成23年改正版) 平成24年4月1日に施行された改正特定非営利活動促進法(npo法)のポイントについて大きく3つに分けて説明しています。 特定非営利活動法人に関する事務を地方自治体で一元的に実施

    [PDF]

    平成20年所法等改正法附則・・・・所得税法等の一部を改正する法律(平成20年法律第23号)附則 この説明書は、平成23年6月30日現在の法令に基づいて作成しています。

    平成23年12月2日に公布された「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」により、更正の請求について次のような改正が行われました。

    地方税法等の一部を改正する法律(平成31年法律第2号) の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部を改正する法律(平成23年法律第83号) (イ)所得

    特定非営利活動促進法の改正ポイント (平成23年改正版) 平成24年4月1日に施行された改正特定非営利活動促進法(npo法)のポイントについて大きく3つに分けて説明しています。 特定非営利活動法人に関する事務を地方自治体で一元的に実施

    平成28年5月23日 : 第一種指定電気通信設備接続料規則等の一部を改正する省令(平成28年総務省令第58号) (施行日): 平成28年5月23日 概要 【264 kb】 省令 【588 kb】 新旧対照表 【1398 kb】 (所管課室名) 総合通信基盤局電気通信事業部料金サービス課

    2018年の税制改正大綱が閣議決定され、さまざまな税金についての改正が決まりました。その中でも所得税は、近年の働き方の多様化を踏まえ、働き方改革を推進するための改正となりました。今回の所得税の改正内容は、とても多くの人に影響を与えるものとなっています。そこで今回は、2018

    平成31年4月1日に改正法人税法が施行されました。 それに基づき、「所得税法等の一部を改正する法律案」が平成31年3月27日に成立、平成31年3月29日に公布され、特段の定めがあるものを除いて平成31年4月1日に施行されました。 仮想通貨の税務 2019.7.23

    租税特別措置法施行規則第23条の12の2~第23条の12の5 ; 所得税法等の一部を改正する法律(平成30年度改正)の附則のうち相続税及び贈与税の特例に関する経過措置 ; 中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律施行規則(平成30年4月1日施行分) 注意事項

    平成30年度税制改正に対応した法人税申告書(別表)の様式を定めた改正法人税法施行規則が4月13日付官報号外第84号で公布された。これら改正後の様式は原則として平成30年4月1日以後終了事業年度から適用される(改正法規附則2)。

    平成27年度税制改正のポイントは、法人税率引下げのための財源確保として課税対象を拡大することと、消費税率10%への引き上げもできるよう景気回復を支援するための措置が盛り込まれていることの2点

    【新日本有限責任監査法人】平成23年12月2日に公布された改正法人税法や復興財源確保法により、税効果会計に影響を及ぼすことが考えられます。本稿では、これら税制改正が税効果会計に及ぼす影響について、q&a方式で解説します。

    国会での審議が遅れていた平成27年度税制改正関連法である「所得税法等の一部を改正する法律」が、平成27年3月31日の参議院本会議で可決・成立し、同日夜に、3月31日付の官報特別号外第11号にて公布された(法律第9号)。施行日は平成27年4月1日(法附則第1条)。また地方税関係の改正法

    ①は、年金所得者の申告不要制度の創設、寄付金税制の拡充や期限切れ租税特別措置の延長等の改正法案として、平成23年6月22日可決成立し、平成23年6月30日に公布施行されました。

    災害対策基本法の一部を改正する政令(平成23年政令第23号) (施行日): 平成23年3月16日 政令 【47 kb】 新旧 【52 kb】 (所管課室名) 自治財政局地方債課 平成23年1月28日: 地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第7号)

    「103万円の壁がなくなり150万円の壁になった」と耳にしたことはありませんか? 平成29年度税制改正による所得税法の改正で平成30年(2018年)から配偶者控除及び配偶者特別控除が変わりました。そこで何が変わったのか、どう働くのがいいのか解説します。

    平成23年1月14日 (1〜3につき)所得税法6条 (1,2につき)所得税法204条1項2号,旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)166条,破産法87条1項 (2につき)旧破産法(平成16年法律第75号による廃止前のもの)47条2号,旧破産法(平成16年法律第75

    解説(公開日: 最終更新日: ) 配偶者控除の改正内容 <適用開始> 2018(平成30)年1月1日以後に支給する給与(賞与)から適用されます。 <配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正> • 控除額及び特別控除額が変更されます。

    [PDF]

    平成31年度税制改正に関する要望 平成30年7月 . 平成31年度税制改正に関する要望 - 所得税法上および地方税法上の生命・介護医療・個人年金の各保 平成23年12月までの契約 平成24年1月からの契約

    令和2年以降の給与所得控除・公的年金等控除・基礎控除の改正内容(平成30年度税制改正) 国税庁サイト「平成31年(2019年)版 源泉徴収のあらまし『税制改正等の内容』」参照。 給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替(10万円)

    平成29年12月14日、平成30年度税制改正大綱が公表された。 デフレ脱却と少子高齢化の克服に向けた政策として、生産性向上による賃金上昇と、人生100年時代を見据えた働き方改革の1つとして、公的年金等控除の制度を次のとおり見直すこととしている。

    源泉所得税 (平成23年7月1日改正) (1)通勤手当の非課税限度額の改正: 自動車などの交通用具を使用して通勤する人が受ける通勤手当の非課税限度額が変わり

    平成31年度税制改正法案が公布・施行へ. 2019/04/02 9:25. kokusaizeimu.com; 既報 のとおり、平成31年度税制改正法案「所得税法等の一部を改正する法律案」が3月27日に成立しました。同法案は、29日に政省令とともに公布されました。 ( 平成31年3月29

    [PDF]

    入金額、一時所得に係る収入金額又は雑所得に係る収入金額とみなして、所得税法 (所法224 の3、225 及び228 並びにこれらの規定に係る罰則を除く。

    [PDF]

    平成29年度税制改正に関する要望 平成28年7月 . 平成29年度税制改正に関する要望 - 所得税法上および地方税法上の生命・介護医療・個人年金の各保 平成23年12月までの契約 平成24年1月からの契約

    1940年(昭和15年)改正. 法人税法の制定によって従来の第1 種が 上場株式の場合、2011年(平成23年)分までは所得が195万円を超え 330万円以下の納税者に適用される税率10%より低くなっている。

    平成28年度税制改正において、欠損金の繰越控除制度について見直しが行われた。 平成27年度税制改正の欠損金の繰越控除制度の見直しのさらなる見直し 欠損金の控除限度額の段階的な引下げ幅や引下げ時期の見直し 欠損金の繰越期間を延長する措置について施行日の1年延長(平成30年4月1日

    平成23年度税制改正の減価償却制度の見直しについては、下記の通り平成23年11月30日に成立しています。 平成23年度税制改正大綱が平成22年12月16日に閣議決定された。 国会提出日:平成23年1月25日 法律名:所得税法等の一部を改正する法律案

    平成23年12月に、積み残しの法案について、「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」とし、改正・公布されました。減価償却制度について、定率法の計算方法が変更になりました。

    昨年12月2日に公布された「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」及び本年3月31日に公布されました「租税特別措置法等の一部を改正する法律案」(平成24 年度税制改正法案)により、平成24年4月以降の税制改正が決定しました。「経済社会

    平成23年4月1日から同26年3月31日に開始する事業年度 ・環境関連投資促進税制の創設: 平成23年6月30日から同26年3月31日まで ・法人税の中間申告制度の改正: 平成23年4月1日以降に開始する 事業年度 ・試験研究を行った場合の特別税額 控除の特例の延長